【秘書さん】登録すると500円ギフト券プレゼント 詳しくはこちら
マガジン

個人社長が秘書を雇うメリット&デメリット!秘書が欲しい人必見!雇い方・金額の目安はいくら?等を徹底解説

HISHOSUPPL
オンライン秘書のマッチングサービス
秘書を雇うメリット&デメリット!個人経営者向け

「秘書を雇いたい」けど・・・費用ってどれぐらいするんだろ?

そもそも「秘書を雇う意味って」あるのかな?
面倒な作業が減って生産性が上がればいいんだけど・・・

逆に、デメリットの方が大きかったりして。

こんな風に「秘書を雇ってみたいけいど...どうなんだろう?」と悩んでいる経営者様も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「個人事業主」や「ひとり社長様」の向けに、秘書を雇うメリット・デメリット・雇い方・金額について解説していきたいと思います。

結論からズバリ!個人経営者におすすめのベストな方法は「オンライン秘書」です。

秘書を雇おうか検討させている方は、ぜひ参考にしてくだい。

個人事業主・ひとり社長が秘書を雇うメリット・デメリット

では、早速!まずは「秘書を雇うメリット・デメリット」についてまとめてみました。

メリット

  • 雑務を秘書に任せて、時間を作れる
  • 価値のある仕事に集中できる(生産性があがる)
  • 秘書が管理することで漏れ・ミスが防げる
  • 「これどう思う?」など客観的な意見が聞ける
  • 話相手ができる
  • 苦手な分野を補ってくれる

デメリット

  • 雇う費用がかかる
  • 優秀でない秘書の場合、ストレスになる場合も
  • 秘書がミスして、仕事が増える場合も


どんなもとにもメリット・デメリットはあるもので、当然、秘書を雇うことにもデメリットはあります。

メリットについては重々承知されている方も多いと思いますが、デメリットについて強いて言うなら「費用がかかる」ということぐらいでしょうか。

他には、優秀ではない秘書さんを雇った場合、ミス等が発生して余計な仕事が増える場合もあるかもしれません。

ですが、秘書と雇うことで得られるメリットは大きいですので、面倒な雑務から解放され生産性が向上することは間違いありません。

厄介な秘書さんを雇わないための対策

中には優秀ではない厄介な人を「社員として雇ってしまう場合」もあるかもしれません。

そうなると逆に面倒な作業が増えて、秘書を雇うメリットよりもデメリットの方が大きくなるかもしれません。

そうならない為の対処として、実は良い方法があります。

その方法とは、オンライン秘書をアウトソーシング(外注)することです。

「オンラン秘書」というワードを初めて聞かれた方もいるかもしれませんので、詳しくは後半ご説明したいと思います。

秘書の雇い方と金額|個人経営者のベストな雇い方とは?

では、実装に秘書を雇う場合、どんな雇い方があるのか?
個人事業主・ひとり社長にとって、どんな雇い方がベストなのか?

「雇い方」と、それぞれでかかる「金額の目安」をご紹介します。

雇い方は次の4種類

  • 正社員として雇用
  • アルバイト
  • 秘書サービスに外注
  • 個人のフリーランス秘書に外注

それぞれのメリット・デメリット・金額についてご紹介していきます。

①正社員として雇用

秘書さんを社員として雇用するのが、一番ポピュラーな雇い方です。
社員として雇用すれば、常に近くであなたをサポートとしてくれるので、最も生産性が上がる雇い方だと言えます。

ただその反面、雇用するとなると厚生年金や健康保険料などの「社会保険料」が発生しますし、求人募集もするにしても各媒体への掲載に費用がかかりますので、金額としては一番高くつく方法になります。

金銭面で余裕のある方であれば問題ありませんが個人経営者の大半は、費用を抑えたいと思いますので、おまりベストな方法ではないかもしれません。

メリット・デメリット・金額

メリット ・常に近くでサポートしてもらえ、最も生産性があがる
デメリット ・社会保険料がかかる
・求人募集に費用&時間がかかる
金額の目安 月給22万円程度(一人あたり)

②アルバイトとして雇う

アルバイトとしての雇う場合であれば、社会保険料を払う必要はなく、時給制で必要な分だけ働いてもらえば良いので費用は抑えられます。

例えば、週3日(1日5時間)など
(※週20時間以上の場合は、社会保険の加入義務が発生するので注意)

業績が悪い時や必要ない時には働いてもらう時間も調整できますので、自由度があり個人経営者の方にはこちらの雇い方がおすすめです。

ただ、求人募集に関しては、こちらも費用や費用がかかります。

メリット・デメリット・金額

メリット ・社会保険料がかからない
・必要な分だけ働いてもらえる(調整できる)ので費用が抑えられる
デメリット ・求人募集に費用&時間がかかる
金額の目安 例)時給1200 ✕ 週3日 ✕ 5時間 = 72,000円(月)+ 求人募集費用

③秘書サービスに外注

正社員やアルバイトとして自社で雇うのではなく、「専門の秘書サービス」に外注するというのも一つの方法です。

(※秘書サービスとは、バックオフィス業務や秘書業務を代行してくれるサービス)

秘書サービスを使うメリットは、求人募集に時間もお金もかからない点です。

正社員やアルバイトとして雇う場合は、どうしても求人募集が必要になりますので、求人募集の掲載や、書類審査、面接までの段取り、実際の面接などなど、雇うまでに時間もお金もかかります。

その点、秘書サービスであれば「申し込みする」だけですので、各段に手間と時間が省けます。

自分にあったプランを選ぶこともできますし、社会保険料もいりませんので、正社員をして雇うよりも費用を抑えることも可能です。

また、専門の秘書サービスであれば、一から指導する必要もありませんので業務も安心してお任せできます。

こう聞くと良いことばかりに聞こえますが、当然デメリットもあります。

秘書サービスのやり取りは基本「オンライン」中心になりますので、オンラインに抵抗がある方やパソコンが苦手な方には不向きかもしれません。

また、アルバイトを雇うことに比べ、1時間あたりの時給単価は高くなる場合がほとんどです。(例:1時間あたり3000円など)秘書サービスも営利企業ですので、サービス料が乗っかってくるわけです。

メリット・デメリット・金額

メリット ・求人募集の必要がない
・費用が抑えられる
・指導する手間も省ける
デメリット ・オンライン上でやり取りが基本
・時給単価が高い
金額の目安 例)月30時間で10万円 など

④個人のオンライン秘書に外注(フリーランス)

秘書さんの中には、個人でフリーランスとして活動されている方もおられます。

オンライン秘書として活動されている方も多く、アルバイトを雇う感覚でプロの秘書さんに依頼できるので、個人経営者の方におすすめです。

個人のオンライン秘書に依頼すれば、秘書サービスに外注するよりも時給単価は安くなりますし、クラウドサービスを利用して発注すれば、求人募集も必要ありません。面接等の手間も省けます。

外注であれば何時間でも依頼し放題ですし、社会保険料も発生しません。オンラインなので交通費もかかりません。

それに、プロの秘書として活動されている方が大半ですので、仕事ができない人に当たる確率が低く、優秀な人に依頼することが可能です。いいこと尽くめですよね。

ただし、こちらも「オンライン」上でのやり取りが基本となります。

オンラインに抵抗のない方であれば、費用も手間も省けますので、個人経営者にはベストな方法だと言えます。

メリット・デメリット・金額

メリット ・必要な分だけ働いてもらえる(調整できる)ので費用が抑えられる
・求人募集の必要がない
・指導する手間も省ける
・外注なので社会保険料も発生しない
・優秀な人に当たる確率が高い
・交通費も必要ない
デメリット ・オンライン上でやり取りが基本
金額の目安 例)時給1200円 ✕ 週3日 ✕ 5時間 = 72,000円(月)

個人経営者には「オンライン秘書」がおすすめな理由まとめ

上記での説明通り、個人経営者や小規模事業者の方には、オンライン秘書がおすすめです。

オンライン秘書に依頼するメリットをまとめると、

  • ①正社員やアルバイトを雇うより、費用がかからない
  • ②求人募集の必要がないので、お金も時間も節約できる
  • ③必要な分だけ働いてもらえる(調整できる)
  • ④秘書サービスよりも時給単価が安い
  • ⑤指導する手間が省け、優秀に人に当たる確率が高い
  • ⑥外注なので社会保険料も発生しない

「オンライン上でのやり取り」というデメリットを除けば、これだけのメリットがあります。

「秘書を雇いたい」経営者の方は、ぜひオンライン秘書を検討してみてください。

オンライン秘書のマッチングサービス

オンライン秘書にお願いするにしても「求人募集をする必要」はあるんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

オンライン秘書のマッチングサービスを利用しれば、求人募集の必要はありません。

オンラン秘書のマッチングサービスなら、自分にあった秘書を選ぶだけ。

もちろん、募集内容を公開し、広く募集することも可能です。

募集やマッチングなど「無料」で利用できますので、ご興味がある方はぜひ一度見てきてください。

▼オンラン秘書マッチングサービスはこちら▼

オンラン秘書の無料マッチングサービス「秘書サプリ」>>
バックオフィス業務は
優秀な秘書さん」におまかせして、
業務を効率化しませんか?
\無料ではじめられる/
詳しくはこちら
初期費用:無料
求人募集:無料
秘書登録:無料
マッチング:無料